文章でいっこくどうさんのモノマネをすると似ていなくても似てると言い張れる不思議

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

僕はモノマネが好きなんですよ。

見るのもそうなんですけど、やるのも結構好きなんですね。下手の横好きってやつでして、別に上手くはないんですけどね。でもまあ素人の場合、似てないなら似てないで「おいおい、全然似てねーじゃん、バーカバーカ」って感じで笑いが起きたりもするから、下手でも良いかなと思ったり思わなかったり。



ところで自分の声って、普段発しているときと、レコーダーに録音して後で聞いたときで、微妙に違ってますよね。

ってことは、仮に僕が「あ、今のなかなか似てたんじゃね?」と思えるような声真似ができたとしても、これを録音して聞いてみると、モノマネをしたご本人の声には案外似てなかったりするってこと……ですよね、やっぱり。

つまり、僕が人前でやったときに同じようなことを思ったときって、周りの人からすれば「うーん、まあ、似てなくはないよねぇ……」っていう、すげー微妙な評価しかできない感じになるってこと……ですかね、やっぱり。

そう考えると、モノマネの得意な人って、どうやって練習してるんですかね。声を吹き込んで、実際にどんな風に聞こえるのかを細かく検証しながらやってくんですかね、 やっぱり。

本番で披露するときも、自分の耳に聞こえる声は本人と若干違うんだけど、聞いてる人が「似てるっ!」って思える絶妙なところを突いているんですかね、やっぱり。



うん、まあ、プロのモノマネ芸人の人とかだったら、それくらいのこともやるんだろうなあとは思いますけどね。

素人さんで、例えば宴会芸などでモノマネを披露するのが得意な人とかって、実はこっそりそういうことやってるんでしょうか。

そう考えると、飲み会とかやったときに何気なーくモノマネをやっている人も、影ではかなり努力してるってことなのかもしれないですね。

何か急にモノマネの上手い人がすごい存在に思えて来たわ。尊敬したくなるわ。

彼らは水上を優雅に泳いでいるように見えて水面下ではすごいバタ足で頑張っている白鳥のごとき存在なんだね。






いっこくどうさんのモノマネやりまーす。

「……あれ? 声が……遅れて……来る……よ……かゆ……うま」

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?