はっと閃いたから記事を公開した後悔はしていない

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません
そりゃエネルも驚くわ、いきなりこんなん言われたら

あっと驚く為五郎って言ったら、昭和を代表するギャグの一つです……か?

僕もギリギリ昭和の生まれなんですけど、詳しくは知らないです。こういうフレーズがこの世に存在するってことくらいしか知らない。

そんな僕がこのフレーズから読み取れることって言ったら、為五郎さんはあっと驚くことがあるってことくらいですかね。

あっと驚くんですから、たぶんこの為五郎さんは人間なんでしょうね。為五郎っていう名前の猫ではなさそうだね。猫だったら、にゃっと驚くはずだもんね。

しかし人間ってことは、驚く以外の感情やら行動も取るはずですよね。驚くってことは、少なくとも感情のない人間ではなさそうだし。

となれば、こんなフレーズも為五郎さんには存在するはずです。



わっと驚かす為五郎



感情のある人間なら、驚くこともあるし、逆に誰かを驚かすこともあるでしょう。たまには誰かを驚かしたい感情に駆られることもあるでしょうね。

そう考えると、このあっと驚く為五郎って、このワンフレーズだけではないんじゃないかと思うんですよ。僕が思うに、あっと驚くまでにちょっとしたストーリーがあるはず。

僕の考えでは、きっとこんな感じだね。



為五郎はしがない営業マン。今日も外回りのお仕事に精を出している。

頑張ってはいるものの、なかなか営業成績は上がらない。今日も一件も取れていない。今回って来たお客さんも、やたらと態度が横柄で、こっちの話なんて聞きやしない。そりゃ不機嫌にもなるし、舌打ちの一つもしたくなる。

とは言え、いつまでもこんなくさくさした気分でいても仕方ないし、一息ついて気分を入れ替えようと、為五郎は喫茶店に向かった。

昼下がりの喫茶店は随分と混んでいた。空いてる席を探して店内を見回す為五郎。すると、とてもキレイな女性が奥の席に座っているのを見つける。

完全に目を奪われてしまった為五郎。その場を動くことができずに彼女を見つめ続ける。

視線を感じたのか、彼女が顔を上げて為五郎を見た。

目が合う二人。まるで時間が止まったかのよう。

よく見ると、彼女の顔は誰かに似ている。そうだ。初恋のあの子だ。よく一緒に遊んだりもしたけれど、小学校四年生のときに転校してしまい、それ以来会っていない。彼女が大人になったらきっとこんな感じだろう。

ただのそっくりさんとは思えず、為五郎は自然と彼女の方に近づいた。思いきって声をかけてみると、なんと彼女は、初恋のあの子だった。

あまりに突然の再会に、為五郎は驚かずにはいられなかった。



こんな経緯を経て、為五郎さんは驚いたんじゃないかなぁ。

となると、全文はあっと驚く為五郎だけじゃない可能性が出てくるよね。

ほら、ことわざなんかでもさ、例えば「一年の計は元旦にあり」は、全文が確か「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり、一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり」みたいに、あまり目にすることがない部分が隠れていたりするわけよ。そういう感じ。

だからあっと驚く為五郎にも、こんな感じの全文が隠されているはずだよ。



むっと不機嫌為五郎
ちっと舌打ち為五郎
ほっと一息為五郎
ざっと見回す為五郎
じっと見つめる為五郎
すっと近づく為五郎
あっと驚く為五郎



驚いた後は、ぱっと花咲く為五郎、ぽっと照れてる為五郎、にっとほほ笑む為五郎と続くんじゃないかな。ハッピーエンドの匂いがするね。

ここまで来ると、五十音全部あっても良い気がしてきちゃうね。為五郎かるたとか作れるほどの勢いで。

例えば……



ぬっと顔出す為五郎
んっと力んだ為五郎
そっと差し出す為五郎
ずっと遠くに為五郎
もっと近くに為五郎
きっと来るはず為五郎
やっと会えたね為五郎
かっとなってついやってしまった今は反省している為五郎






為五郎だって人間ですからね。時には勢い余ってやっちまうこともあるでしょう。でも本人も反省しているようですし、今は何もせず放っておいてあげてください。

そしてこんなわけの分からない更新をしている僕のことも、遠巻きに見守る感じで、何もせず放っておいてあげてください。心配しなくても頭は大丈夫ですから。

れっといっとびー

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?