内容がないよう……

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

と、いうわけで、今日は特に書くことがないわけなんですけども、じゃあ何で更新しているのかというと、今日は他にやることがないからです。ないというか、思いつかない。思いついたのは、タイトルにある、未だかつて誰も思いついたことがないであろう、前衛的にして革新的なギャグだけです。

ま、どうして書くことがないかというと、何もやることがないからですね。やることがあるなら、それについて書けば良いわけで、その辺が人生の難しいところみたいですね。

やることが何もないからブログを更新するくらいしか暇をつぶせないのに、やることが何もないからブログ更新のネタがない。あれと一緒ですね。お金がないから宝くじでも当てて一発で大金持ちになりたいけれど、そのためにはまず宝くじを買うお金を手に入れないといけない、みたいな?

これが小学2年生だったら


「あぁ……今日の俺、何もやることがねーよー」
「じゃあお前、今日は呼吸もしねーんだなー? ぜってー息すんなよぉー」
「呼吸はいいんですぅー。だって呼吸をしなかったら数分で大脳皮質の細胞が死んじゃって脳死の危険もあったりするもん。何もしないっていうのは、自分の脳を殺すこともしないって意味だから、そういうことはしちゃいけないんですぅー」
「でもでもぉ、一時的に息を止めることでー、脳に酸素が足りない状態が起き動脈が開いて普段より多くの酸素を含んだ血液が脳に送られる状態ができるから適度に呼吸を止めるのは脳の活性化につながるって何かの本に書いてあったしー。脳を活性化させると天才的な発想とか出てきちゃうしー、それで将来ノーベル賞とか取れるアイデアとか生みだしちゃうかもしれないしー、だからやっちゃいけないんですぅー」
「それは考え事をしないようにすれば良いだけだからセーフですぅー。瞑想で心を無にしていればそんなことは起きませんー」
「瞑想で心を完全に無にするのは難しいんですぅー。っていうか、何もやることがないってんだから、瞑想もしちゃダメなんですぅー」


みたいな屁理屈が出たりするんでしょうね。小学2年生だったら。

まあ、やることがないと言ってもですね、実際は本当に何もやることがなかったら、本棚にある本を適当に読むとか、ニコニコ動画でも見てみるとか、スクワットをするとかムーンウォークの練習をするとか、その気になればやることなんていくらでも見つかるわけで、だから真にやることが何もない状況なんてのは早々ないんですよ。やることが何も思いつかないとか言ってるわりに、すでにこの時点でやれることが4つも出てきてますからね。


……今日のところはとりあえず、ムーンウォークの練習でもするか。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?