時を経て 改めて知る 色具合

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

クレヨンで上手に絵が描けたら、いいものができそう。そんなことを最近思ってます。

女の子…?

絵を描く時にCorel Painterっていうソフトを使って描いてるんですけど、ペンツールの中にクレヨンがあるんですよ。で、まあ、最近はそれを使って上の絵みたいなのを練習で描いてるんですけど、これがなかなか上手く描けなくてねぇ……あ、いや、俺が上手く描けないのはクレヨンツールを使ってるせいじゃなくて、単純に画力の問題なんすけどね。

ちなみに上の絵はイラストを適当にググって探して目についたものをモチーフに描いてます。ま、全っ然モチーフと上の絵は似てないんですけどww


小さい頃は、クレヨンってあまり好きじゃなかったんですよ。質感というか画質というか……何て言えばいいんだ? とにかくそういう見た目が、クレヨンで描くとガサガサしてるじゃないですか。サンドペーパーの表面みたいなさ。どうもそれが好きになれなかったんですよ。絵の上手な友達も何人かいたんですけど、その子の絵を見ても、上手なのは上手なんですけど、な~んかね、キレイに見えないっていうか。だから小さい頃は絵を描くとなればもっぱら色鉛筆使ってました。塗り絵とかも基本は色鉛筆。

でも最近は、思春期のどっかで感覚に変化でもあったのか、むしろクレヨンで描いた絵の方がイケてるんじゃないかって思ったり思わなかったり? します。

まあ俺なんかの描く絵はね、クソ拭く紙にもならねーですけど、ってか紙じゃねーですけど、上手い人のイラストをネットで閲覧してみると、おお~って思います。

何かね、あったかい。クレヨンで描かれた絵は、あったかいです。質感というか画質というか……何て言えばいいんだ? とにかくそういう見た目が。

小さい頃はああいう絵の良さが分からなかったんですねぇ。これも成長した証なんでしょうか?


そういうわけでですね、たとえば今から1年後くらいに自分の画力がどれだけ上がるのかは甚だ疑問ではありますけれど、しばらくはクレヨン画を練習してみようってね、思ってます。

まあ、いまだペンタブの扱いに今ひとつ慣れていないので、クレヨンうんぬんの前に、まずはそっちを何とかしないといけないんですけどね。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?