日常生活で最も絶望的な状況って何だろう?(俺が思うには……)

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません
実際そんな状況になったらと思うと……

おまとめ三行

ある日トイレにこもって考えごとをしていた
トイレにいるときの絶望的な状況が浮かんだ
状況を打破する最も有効な方法は何だろう

人間、考えごとをするときはトイレですると良いと言います。アイデアが出やすいんだそうで。まあ、アイデア以外のものも出ますけどね(うまーい)

そんなわけで、この前トイレにこもってるときに考えごとをしていて、ふと思いついたことがあるのですが……。



トイレで踏んばっている最中、ふと横を向いて壁を見たとき、そこに黒き悪魔(コードネームG)がいたら……詰むんじゃね?



アイデアは出ているけどお尻からは何も出てないっていうときなら、まあその気になれば、すぐに立ち上がってひとまず逃げることもできなくはない。

でも、今まさにお尻からも出ているってときに、何の因果か、たまたま横を向いたら、あるいは天井を見上げたら、カサカサとうごめく黒い物体が……しかもそいつが、こっちに徐々に近づいて来ていたりなんかしたら……。

せめて服の上とかに来てくれたら、何とかならなくもなさそうだけど、この状況って、結構無防備じゃん? 大事なところが丸出しの状態じゃん? 万が一そんなところにやつが攻めて来たら……。

どうすんの、この状況? 個人的にはどうすることもできない気がするんだけど。いくらトイレはアイデアが出やすい場所だからって、そんな一瞬で状況を打破するアイデアとか、出て来なさそうなんですけど。

こうなったらもう、人類に逃げ場はないですよ。やつが近づいて来ないことをひたすら祈り続けるくらいしか、我々にできることはないですよ。

それか、後でトイレ掃除が大変になることを覚悟して、お尻から出しているメガ粒子砲とか、あるいは前から出しているビームライフルを、やつに目がけてぶっ放すしかないですよ。でも果たしてそれが効果のあるものなのか、それは分からん。当たったところでたいしたことないような気もするし、そもそもあいつら、結構動きが素早いからね。ただでさえニュータイプくらいの回避率を誇る上に、集中とか、下手したら閃きでも使ってんじゃねーかってくらいの回避率だからね。そう簡単に当たるわけねー。

ガンマジヤベーよ、こいつは。

幸いにして、今までそういう状況に出会ったことがないけど、たぶん、その状況時におけるやつらのプレッシャーは、シャアをも上回るかもしれんね。





まあ……無難な対策としては、トイレに常備しておくものを、以下の項目にするとかかなぁ。

・トイレットペーパー
・サンポール的なやつ
・便器とか磨くブラシ
・トイレその後にみたいな消臭スプレー
・暇つぶし用の漫画や雑誌
ゴキジェット

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?