私の頭の中の中途半端な消しゴム

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません
ドドドド

おまとめ三行

もしも七つの言葉(音かな?)しか使えなくなったら
コミュニケーションをシミュレーション
バッドコミュニケ〜ショ〜ン♪

もしもこの世から、言葉として認識できるものが「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」「ラ」「シ」の七つしかなくなってしまったら、どれだけコミュニケーションが取れるんだろうか。



■友人に味噌をぶっかけて笑う
自分「味噌、どれ?」
友人「それそれ」
自分「ソ〜レ!!」
友人「ファ!?」
自分「シシシシ(笑)」



■ソファのちょっとした汚れが気になる
自分「ソファ、染み」
友人「どれ?」
自分「それ」
友人「どれ?」
自分「そ・れ!」
友人「……どれ?」



■全力で自殺を止める
自分「死、阻止!」



■上からカタコトの自己紹介
自分「ミー、知れ」



■ゴルフ
キャディーさん「ファーーーーー!!」



■耳を澄ませば
自分「……空耳?」



■FF5の青魔法エアロ
そそそそ



■ジョジョの奇妙な冒険
ドドドド



う〜ん……やはりと言うべきか、想像以上にコミュニケーションが限定的になりますな。完全なるバッドコミュニケーションっすわ。

レッレレミソ〜ミ〜♪
(Bad Communicationのバッドコミュニケ〜ショ〜ンのとこ。音階が合ってるかは知らん)

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?