奇跡を信じる? それともサンタを信じる?

よく考えたら、俺もうミサトさんより年上なんだよな……

おまとめ三行

奇跡は起こしてこそ初めて価値が出るものよ
奇跡は起こらないから奇跡って言うんですよ
頑張れカカロット……お前がナンバーワンだ

かつてミサトさんは言いました。「奇跡は起こしてこそ初めて価値が出るものよ」と。

かつて美坂栞は言いました。「奇跡は起こらないから奇跡って言うんですよ」と。

そしてベジータは言いました。「頑張れカカロット……お前がナンバーワンだ」と。



ミサトさんと栞の奇跡に対する考え方は、一見すると相容れないようにも見えます。片や起こるという前提で、片や起こらないという前提だから。

でも、もしこの二つの言葉が、どちらも正しいことを言っているのだとしたら……。

奇跡ってのは、起こるまでが奇跡なのかもしれませんね。起こってしまったらそれはもう奇跡ではなくなる。でもそれは価値のあるものなのだ。そう強引に解釈してしまえば、ミサトさんの言葉とも栞の言葉とも、一応は矛盾しないのではないでしょうか?



あれですね。奇跡ってのは、サンタクロースみたいなものなのかもしれませんね。

サンタクロースってのは、誰もがその存在を知ってはいますが、現実にはいません。いや、いることはいるけど、彼らは協会に認められた、普通の人です。ソリに乗って空を飛び、一晩で世界中の子供たちにプレゼントを届ける、そんなおとぎ話に出てくるような白ひげのおじいさまは、残念ながら存在しない。ベジータやカカロットなら、空を飛んで数分で世界中のどこへでも行けるかもしれない。でも、たとえ頑張ったところで、一晩でプレゼントを配るってのは、やっぱり難しいでしょう。まあ、ベジータやカカロットも実在はしないけど。

しかし、サンタやベジータは実在しなくても、クリスマスの朝、子供たちの枕元にはちゃんとプレゼントが届けられます。

確かにそのプレゼントは、サンタクロースが届けてくれたものではありません。子供たちに夢を与えたいと願う、身近な誰かさんが用意してくれたものです。でも子供たちが信じている内は、そのプレゼントは紛れもなく、サンタさんがソリに乗って届けてくれたものなのです。本当はお父さんが用意してくれたという事実を知って初めて、そのプレゼントはサンタさんからの贈り物ではなくなる。でも、プレゼントそのものがなくなってしまうわけではありません。枕元に届いたという事実はなくならない。

奇跡も似たようなものなのかもしれません。奇跡が起こることを信じている内は、紛れもなくそれは奇跡なのでしょう。でも起こってしまった時点でそれは、ただの現実であったり、必然であったり、あるいはできすぎた偶然であったり、もはや奇跡とは呼べないものに変わってしまう。でもそれが起こったという事実は、決してなくならない。価値のある過去として、ちゃんと存在し続ける。

そんなものなのかもしれませんね。



クリスマスってのは、夢見る子供たちや大切な人たちのために、サンタの代わりに大人たちが奇跡を起こす、そんな日なのかもしれません。ドラゴンボールを七つ集める代わりに、大人たちが願いを叶えてあげる、そんな日なのかもしれません。

だから、普段は奇跡なんて存在しない、信じないと思っている人でも、今日くらいは、小さな奇跡を期待してみても良いかもしれません。誰かに届けてあげてみても良いかもしれません。

みなさんに、聖なる夜の奇跡があらんことを。

アーメン……じゃなかった。メリークリスマース(⌒▽⌒)/

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?