ごめんくださいってごめんをちょうだいってこと?

焼いてない土下座

おまとめ三行

ほわーいじゃぱにーずぴーぽー
このゲーム、五面がクリアできなくてさー
どんな場面の会話なのかは、想像にお任せします

「ごめんください」

主に、他人の家にお邪魔した時に使う一言ですね。

これ、字面からそのまま意味を汲み取ると、ごめんをくださいってことですから、謝罪をちょうだい的な意味にも見えません?

そう考えると、家にお邪魔した時よりも、謝罪会見の時の方が、シチュエーションとしては合ってそうな気がしてきます。

「汚職を認めるんですね?」
「……はい」
「では、ごめんください」
「本当に、もうしわけございませんでした!」

みたいな。

それがどうして、お邪魔するときに言うようになったのでしょうか。ほわーいじゃぱにーずぴーぽー。「これからあなたの家に入りますけど、お許しをいただきたいわ」的な意味を込めてるってことなんですかね。

まあでも、ごめんって、結構いろんな使い方されますもんね。謝るときに使うこともあれば、拒絶の意味で使うこともありますしね。

「汚職を認めるなら、ごめんください」
「ごめんだ」

これは謝罪してくださいって言葉に対して、完全に開き直ってる図ですね。謝ってたまるかって意味でのごめんですね。

ごめんって言葉自体は、鎌倉時代の頃からあると言われています。千年近くも使われてきたら、そらぁいろんな場面で使われるようになることもあるさな。

「ごめんくださーい」
「おう、どうした?」
「このゲーム、五面がクリアできなくてさー。やってくんない?」
「いやー、そいつはごめんだわぁ。俺もムリ」
「そっかー」
「ごめんなぁ、力になれなくて」

ごめんが四つ出てきましたけど、どれも少しずつ、意味が違いますね。

この先、ごめんという言葉は、もっといろんな意味を持つようになるかもしれない。そしたらもう、三千年くらい経つ頃には、ごめんだけで会話が成立するようになってるかもしれませんね。

「ちょっとごめん」
「なあに? ごめんの人?」
「キミすごいごめんだねぇ。ごめんに興味ない?」
「えー、ごめんかなぁ」
「キミなら絶対にごめんになれるよ」
「マジでぇ? マジでごめん?」
「ああ、ごめんだよ」
「でもなぁ、ごめんってごめんだしぃ」
「ごめんするからさ」
「うーん」
「ごめんとごめんもできるよ」
「じゃあちょっとごめんしちゃおっかなぁ」

これがどんな場面の会話なのかは、想像にお任せします。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?