耳と舌をもっと有効に使え

舌と言えばアインシュタインかなやっぱり

おまとめ三行

耳を触るのが困難な場所をやけどしてしまったら?
合法的にはむはむできるかもしれないということなのだッッ
耳なめ占い……ありやな

指なんかをやけどしたときは、耳たぶを触って冷やすと良いという迷信があります。

まあ、迷信というくらいですから、実際に耳たぶを触ればやけどに効果があるかと言うと、必ずしもそんなことはないです。ちゃんと氷とかで冷やした方が良い。

そもそもどうしてこんな迷信が生まれたのかと言うと、耳たぶは、人間の体の中でも温度が低い部分だからだそうですね。ついでに触り易い場所にある。冷え性な人の場合は爪先とかも冷たいですけど、やけどした時とっさに触るのは難しい部位だからね。

今ではあまり聞くこともないし、実際やってる人もほとんどいないと思うんですが、僕はあえて今、ここで言いたい。

この迷信を、もっと流行らせた方が良いのではないかと!

ほら、ケガした時って、周りの人も「自分で何とかしろよ」と言って放置はしないじゃないですか。足を挫けば肩を貸してくれることもあるし、切り傷ができればハンカチなどで出血を押さえてくれることもあるし、「こんなのなめときゃ治るよ」と言ってなめてくれることもある……か? まあようするに、ケガしたら何かしら手を貸してくれるだろうって話です。

ってことは、同じ要領で行けば、「あちぃ! やけどしちまった! 耳貸して!」って時に、素直に耳を貸してもらえる可能性も、あるってことじゃないですか。

いや、そりゃあ確かに? 切り傷や擦り傷ができたとき、なめときゃ治るからって言って、代わりになめてくれるとは限りませんよ。自分でなめとけってなる場合もある。同じように、やけどした時、自分の耳を触っとけって言われることだってあるでしょう。

でも、自分の耳を触るのが困難な場所をやけどしてしまったら?

指をやけどした場合は、自分の耳を触ることは難しくない。むしろ誰かの耳を触ろうとするより、まず自分の耳を触る方が早い。

じゃあ、指ではなく、舌をやけどした場合は、どうだろう?

舌で自分の耳を触ることはできない。だからどうしても、誰かの耳を借りるしかない。足を挫いた時に肩を貸してもらわないと歩けないように、耳を貸してもらうしかないのだ。

つまり、女の子の耳を合法的にはむはむできるかもしれないということなのだッッ。

まあ……実際にやろうとしたら、やけどした患部を冷やす以上に、その相手との仲も冷え切ること間違いなしですけどね。むしろそれで相手が嫌がらないようなら、確実にその人はこっちに対してほの字だよ。相手の方が心にやけどしてるわ。そのままの勢いで二人で燃え上がれること間違いなしだから、耳どころか、全身リップサービスいけるわ。

逆に考えると、わざと舌をやけどして耳に触れようとすることで、相手がこっちに気があるか確かめることもできるってわけか。

耳なめ占い……ありやな (๑•̀ㅂ•́)و✧

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?