夏目漱石に学ぶ日本人の奥ゆかしさをひねくれた俺が受け継ぐ

最近、じっくり月を眺めることなんてないなぁ

おまとめ三行

月がキレイですね
月見バーガーがキレイですね
ポイズン!

夏目漱石いわく、日本人ならはっきりとストレートに言わなくても、こっちの気持ちは伝えることができるらしい。だから「I love you」を「月がキレイですね」と訳したりするわけだ。

でもその理屈で言ったら、他の表現も、それっぽいことを言えば伝わるってことになりますよね。好きとか愛してるとか、ストレートに言うのが恥ずかしい系の表現だけじゃなくて、大っ嫌いみたいな、はっきりと言うのに抵抗がある系の言葉にも、同じことが言えるはず。

となると、それぞれの表現は、こんな日本語になるんじゃないかしら?

I love you・・・月がキレイですね。
I need you・・・この車、二人乗りなんだ。
I miss you・・・雨、止まないね。
I hate you・・・得意料理はお茶漬けです。
I want you・・・私の年収は一億です。
I kill you・・・私の戦闘力は53万です。
I win・・・昨日二時間しか寝てないわー。
I lose・・・昨日二時間しか寝てないからなー。
I’m sorry・・・てへぺろ☆
I’m hungry・・・月見バーガーがキレイですね。

うーん、結構難しいな。遠回しなんだけど、暗にそれを仄めかす、的確にして抜群の表現。「お、風が吹いてるな」って言えば、桶屋が儲かるっていう意味に繋がるような、そんな絶妙さ加減。夏目漱石にはそれができたようだけど、僕にはハードルが高いみたいですね。

まあ良いさ。難しく考えて時間だけが過ぎていき、結局何も言えず何も伝えられないくらいなら、最初から考える必要などないのだ。ポイズン!

poison・・・言いたいことも言えない

まだコメントはいただけてないみたい……
 もしかしたら何か関連しているかも?