水がないなら錬金術使えばいいじゃない

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

僕は水分をよく取ります。

水に限らず、ジュースでも酒でも、とにかく量を飲む。理由は……なんだろね、目の前に水分があるとつい飲んじゃうんですよね。あとお酒を飲んでるときによく言われるんですが、一度グラスを手にしたら空になるまで置かないんだそうです、自分。会話中であっても、常にビールジョッキは片手に、みたいな感じですかね。あまり自覚がないってことは、僕がグラスを手放さないのは無意識に爪を噛んじゃうみたいな感覚なのかもしれません。


しかし、水以外のものを頻繁に飲むようになると、途端に食費がはね上がりますね。

ここ半年近く、飲み物といえば水かお酒しか飲んでなかったんですけど、最近コンビニでジュースを買ったり徒歩での移動中に自販機でジュースを買うようになったら、急激に財布の軽くなるスピードが上がったさ。


じゃあ今まで通りジュース買わないで水だけ飲んでれば良いじゃんとか思うじゃん? 思うじゃん?

それに対してはまさに反論の余地がないんだけど、一応それなりに理由はあるんですよ。

うちの会社にはウォーターサーバーがあるんですが、最近会社の人数が増えて来たせいもあって、あとたぶん段々と夏が近づいているせいもあって、水の減りが早いんですよね。

一年前はウォーターサーバーを使ってるのがほぼ俺一人みたいなところがあったから、気にせずガンガン飲んでたんですけど、今はあまり俺だけガンガン飲んでると、すぐ終わっちゃうし他の人が飲めない。まあ俺が他人のことなんて考えるわけがないんですが、とにかく最近はちょっと自粛気味なんですよ。

解決策としては仕入れる水の量をもっと増やしてもらうよう会社に打診するってのがあるんですが、うちの社長は忘れっぽいですからね。


俺「そろそろ仕入れる水の量増やそうぜ」

社長「オーケーb」


……一ヶ月後……7月


俺「ねえ、そろそろ仕入れる水の量増やした方がいいような気がするんだけど」

社長「ああ、そうだな。今度手配しとくわ」


……一ヶ月後……8月


俺「夏も本格的だなぁ。水の減りが超早ぇ。量増やした方がいいんじゃね?」

社長「俺もそう思うわ」


……一ヶ月後……9月


俺「……秋ですねぇ」


こんな感じになって結局増えないオチが予想されます。何せ去年も一応似たようなやり取りはあったのに未だに増えていない現実が目の前にあるからな。

そういうわけなんで、最近は飲料によるエンゲル係数の上昇が著しいんですわ。まあ著しいって言ったってそんな一ヶ月に2万も3万も増えるわけじゃないですけどね。


あと、お酒はともかく、ずっと水ばっかり飲んでたせいか知らないんですが、最近短時間のうちに大量のジュースを飲むと、貧血起こしたみたいな感覚に襲われるんですよね。

あれですかね。ジュースを控えてたせいで、急激な血糖値の上昇に耐えられない体になってしまったんでしょうか?


ああ……空気中の水素と酸素を集めて水を作り出すような能力とか、手に入らないかなぁ。


右手から水素、左手から酸素…

合体魔法、水!

みたいな。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?