それはきっと正夢にならない儚い想像の賜物

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

夢って、この場合の夢ってのは寝てるときに見る夢のことですけど、基本的には自分の頭の中にあるものが映像化されるわけじゃないですか。

ってことは、夢の中に出てくる全ての現象は、自分が無意識的に頭の中で想像しているものってことになりますよね。

確かに、夢ってなかなか自分が思い通りに行動してくれないこともよくあります。何かに追われてて、走って逃げなきゃいけないのになぜか走れない、牛歩っぽい感じになってしまって追いつかれちゃうとか、空を飛ぼうと思ってるのに飛べなかったりとか、そもそも何で空飛べるって思ってるのか、そんなことありますよね。

でも、思い通りにいかなかったとしても、それは自分の脳外で起こってることではないはずです。自分の見てる夢ですからね。

現実世界だったら、相手が自分の予想外のことを唐突に言い出しても何ら不思議ではありません。それは自分の脳外の話ですからね。

何かこう……上手い言い方が思いつかないんですけど、夢の中に出て来てるときの自分以外の人って、思い通りに行動しなかったとしても、結局は夢を見ている本人の意思による動きをする……みたいな? つまりどんな奇想天外な言動が飛び出そうと、それは全て自分の意志の範疇であると。

無意識に対して意思って言葉が使えるのかどうかが若干不安ですが、とにもかくにも、夢ってそういう感じのものなんじゃないかと、まあ僕は思っているわけです。


ただそうなると、夢の中で相手が予想外の発言を飛ばしてきたときって、僕の脳は一体何をしているんでしょうか?

たとえば、僕は外国語がほとんど話せないし、聞き取るのとかも中学生の頃の方がよっぽどできてたんですけど、そんな僕が夢の中で英語ペラペラな人に話しかけられて、それなりに会話してるのとか見てると、あれ? 俺ってほんとは結構英語できるやつなんじゃね? とか思っちゃったり思わなかったりしちゃうわけですよ。

日本語の会話でも、たまに相手が結構すごい発言することとかもあったりするんですよ。おいおいお前天才だな、俺にはそんな発想全く出てこねーよ、みたいなね。

でもこれは僕の脳が僕に見せている僕の夢ですから、巡り巡ると結果的にはその発言は僕の脳内から発せられたってことになります……よね?

僕は別に頭の良い人間でもないし、そんな天才的な発想が浮かぶことなんてまずないんですけど……ひょっとしたら、ひょっとするんじゃないでしょうか、とか思いたくなってしまいますね。

まあ、夢の中ですげーと思ったことって、起きた後で思い返してみると案外たいしたことなかったってのも、よくあることなんですけどねww


夢ってほんと不思議ですよねぇ。

ちょっと嘘くさいかもしれないんですが、このあかつきのお宿で公開してる小説とか音楽って、わりと夢の中で着想してるのも少なくないんですよ。さすがに四行小説くらいなら起きてるときでも思いついたりしますけど、それ以外は、寝てるときの方が思いつくことが多いです。

特に音楽の方はそうですね。起きてるときにふっと思いつくことってほとんどなくて、寝てるときに何か聞き慣れないメロディが聞こえてきて、起きたときにもしそれを覚えてられたら、それを元に作曲する、みたいな感じで作ってます。

だから僕にとって夢ってのは結構大事な存在だったりします。寝てるときに一切夢を見なくなったら、生きていけない……とまでは言いませんが、たぶんクリエイティブなことは何もできなくなると思います。

前にもこんなような話、したことあったっけね?

まあ、これもさっきと似たような感じで、夢の中ではこの曲はすげー良いぞって思ってても、起きてからいざ作ってみると案外「あれ、そうでもなかったにゃ~」ってよく思いますけどね。

うん、ごめん。なかったにゃ~とは言わないねww 普通になかったな~って思うわ。


そろそろ今年も終わりますね。

よく初夢は正夢になると言いますが、みなさんは来年の初夢は何を見るんでしょうね?

僕は、どうせ正夢になるなら、やらしぃ~のが良いですねっ。美女がいっぱい寄って来て「おいおい、一度にそんなに来られちゃ体が持たないよ~、グフフ……」みたいな感じの、ねっ。


……普段からこんなことばっかり考えてる俺みたいなやつが実際にそういう感じの夢を見ても、間違いなくそれは自分の意思が生んだ想像の産物ですね。

どこにも予想外な部分が見当たらないわww

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?