あせちるこりん

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

アセチルコリン…あせちるこりん…

アセ…チル…コリン…

汗、散る、コリン…



いえね、アセチルコリンって、結構可愛いネーミングなんじゃねーかと思ってね。ひらがなで書くと特に。

たぶん「コリン」って部分が、そのメインとなっているのではないかと…。「コリンッ」って発音すると、どこか可愛い響きがある。あ、ちなみにアクセントは語尾の方を上げる感じね。

そういや、某こりん星に住んでいたお姫様は今どうしているのでしょうか。最近テレビ見てないんで、全然分からない。


しかしアセチルコリンは、可愛いネーミングに似合わず、なかなかのやり手だったりする。とんだ曲者です。

アセチルコリンとは副交感神経を刺激する神経伝達物質の一つで、唾液の生産を促進してくれます。したがって、ゆうこりんのことをあれこれ妄想して「ゆうこりん可愛いなぁ…あせちるこりんって名前も可愛いなぁ…グヘヘ…」と、思わずよだれが垂れてしまったとしたら、それは脳内でアセチルコリンが正常に分泌されている証拠です。



アセチルコリンというのは、ニコチンと分子構造が似ています。煙草を吸うと、アセチルコリンの受容体にニコチンが結合してしまい、アセチルコリンの代わりにニコチンが脳に刺激を与えるようになります。結果、アセチルコリンの分泌は減り、脳がニコチンを欲してついつい煙草を吸いたくなると、煙草に依存症がある理由は、その辺りのことが関係しているようなしていないような感じです。

ですから煙草を止めたいという人は、アセチルコリンの分泌を促せばいいんだと思います。受容体がニコチンではなくアセチルコリンのみを欲するまで、頑張ってアセチルコリンを出し続ければ、1ヶ月もあれば何とかなるのではないかと…。

アセチルコリンの分泌は唾液の生産と関係があるのですから、これを逆手に取って、積極的に唾液を出していけばOKだと思われます。梅干を食べるとか、エロいことを考えるとか、あごをよく動かすとか、エロいことを考えるとか。



だからね、これからは「グヘヘ…」とか言いながらよだれを垂らしている人を見かけたら、「いやぁ~、へんた~い! 近寄らないで!!」とか邪険にしないで「ああ、この人は禁煙するために一生懸命アセチルコリンを分泌させようとしてるのね。エロいわ、いえ、偉いわ」と、なるべく遠くから温かい目で見守ってあげてください。あくまでも遠くから。近寄らない方がいいと思います。

だってそいつ、高確率で変態だもん。

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?