読唇術を極める(うん、それムリ)

この記事はだいぶ前に書かれたものなので情報が古いかもしれません

究極の読唇術とは何だろうか。


読唇術とは読んで字のごとく、唇の動きから何を言っているのかを読む術です。読唇術が使えれば音が聞こえない状態であっても相手の言っていることが分かる、素晴らしい能力です。


読唇術にはレベルがあると思うんですよ。

俺的に、そのレベルってのを段階分けしてみました。


レベル1:対面している相手の唇の動きで言っていることが分かる。

レベル2:アニメキャラの唇の動きで言っていることが分かる。

レベル3:いっこくどうさんの唇の動きで言っていることが分かる。


テレビの音量を消してアニメを見て、そのキャラが何を言っているのか分かれば、たぶん相当なもんだと思います。

ってか、普通に考えたらムリだと思います。だって、アニメの口パクって実際の発音と一致しているとは限らないもん。

さらにやばいのはいっこくどうさんですね。唇動かないですからね。読唇のしようがねえ。

レベル2もまあわりとムリゲーなレベルですが、もしレベル3の読唇術を使える人がいたら、それはもう読唇術ではないですね。

読心術ですね。


上手いこと言ったぁぁぁぁぁ!!

まだコメントはいただけてないみたい……
もしかしたら何か関連しているかも?