体の自由が利かなくなり、子供に弁当を作ってあげることもできなくなった。
反対に、代わりに子供が私のご飯を作ってくれると言い出した。
初めて食べた我が子の料理は、お世辞も言えないくらいに不味かった。
でも、これまでの人生で一番のご馳走だったことだけは、間違いない。