この世が丸でできているのなら、世界の果ては存在しない。
それを確かめるために、僕らは世界の果てを目指した。
しかし、果てがあるのかないのかは、確かめられなかった。
世界が広過ぎて、果てに近づいているのかすら分からなかったから。