毎朝仕事に行く途中の道で見かける人がいる。
窓辺に立って、ぼんやりと考えごとをしている人。
当然ながら、あっちは僕の存在になんて気づいていないだろう。
視力が6.0でもない限り、こんな距離で見えるはずはないのだから。