穏やかな日常さえあれば、他に望むものは何もない。
でも、そのたった一つの望みさえ、私には手に入らない。
来る日も来る日も、死と隣り合わせの生き方を強要される。
裏の世界で生きるということは、そういうことなのだ。