自画自賛するのは好きじゃないけど、たまに昔の自分を褒めたくなる。
過去に作った作品を見ると、明らかに今の自分よりも良い出来なのだ。
これは本当に自分の作った作品なのかと疑いたくなることすらある。
でもそれって、自分の技術が衰えているという証拠でもあるのだろう。