世に広めるべきか、一子相伝を貫くべきか、ずっと悩んでいた。
本来ならこの技を継ぐのは、たった一人であることが望ましい。
しかしもしもそいつに跡継ぎができなかったらと、考えてしまう。
秘密にするより、継ぐ者がいなくなってしまう方が、嘆かわしい。