この世界には、色が多すぎる。
私が前にいた世界は、ほとんどが無色透明だった。
あのどこまでも透き通っていた世界に戻りたい。
でもこの世界の行き着く先は、永遠の闇。