どうやっても防げないエラーというものは、確実に存在する。
できるのは精々、発生確率を限りなくゼロに近づける程度。
試行錯誤を繰り返し、緩やかな二次曲線を描いて確率を漸近させる。
これをゼロにできる者がいたら、それは神に等しい存在であろう。