誰にでも、苦い思い出の一つや二つくらい、あるだろう。
ふとした瞬間に、思い出してしまうこともあるだろう。
そんな時は、私をカップに注いで飲んでみると良い。
その思い出が笑い話になるくらいの苦さを、保証しよう。