私の全霊を捧げても、あなたの全身を守ることはなかなか難しい。
それでも、私はあなたを守ることを放棄したくはない。
それが私の役目であり、存在理由でもあるのだから。
雨だけでなく、直射日光からも、私はできる限りあなたを守りたいと思う。