歴史の流れに逆らって、新たな道を作っていく。
荒れ果てた荒野と、取っても取ってもなくならない障害物。
道を整備するのに、一生涯では足りないかもしれない。
でも数百年後には、間違いなくこの道は、誰もが通れる道になる。