生き急ぐ必要はないとみんな言うが、時間が限られているのも確かだ。
僕は子供の頃、八十歳まで生きた場合に、どれだけのことができるかを考えた。
綿密な計算を行って、数十年分のスケジュールを細かく立てたのだ。
僕が今生き急いでいるのは、数十年がいかに短いかを知ったからなのだ。