酒に逃げた夜もあった。
見知らぬ女に八つ当たりした夜もあった。
しかし結局、そんなものでは渇きは癒えない。
自分の内側を無視している内は、決して癒えることはないのだ。