嫌なことを先延ばしにしていても、現実と向き合う日は必ずやって来る。
どんなに滞納しても、いつかは借金を返済しなければならないように。
借金のように、こちらから手を出さなければ済むのなら、問題はないのだが。
残念ながら現実は、勝手に嫌なことを押しつけてくる。