小さい頃、自分は少し特別な人間だと思っていた。
周りのみんなより飲み込みが早く、何でもできた。
でも、所詮はお山の大将でしかなかった。
それも極めて小さい、子供が砂で作ったようなお山の。