彼らは重い重いと言いつつも、私が上に乗ることを拒まない。
マゾヒストだから、ということではない。
そうやって耐えることが、長持ちの秘訣であることを知っているからだ。
明日の食卓をより良く彩るため、彼らは今日も私の下で漬かっている。