どこまでも続く荒野を、相棒と共に駆ける。
まるで、どちらが先に力尽きるか競争するかのように。
手綱を握っているだけの奴らには、分からないだろう。
千里駆けた後に飲む水が、最高に美味いことを。