人知れず、いつの間にか、静かにそこに存在している。
当たり前の話だが、周囲から認知されにくい。
彼にはどこか、そんな性質があるようだ。
本人がそれを良しとしているから、文句を言うつもりはないが。