おそらく、彼女以上に乙女という言葉が似合う女性は、いないだろう。
汚れを全く知らない、まさしく純真無垢な乙女。
彼女を汚すわけにはいかないと、周囲のみんなは必要以上に過保護だ。
だから彼女は、未だに自室から一歩も外に出たことがない。