彼女は、自分は女神であると言った。
妄想癖があるのかどうかは分からないが、表情は真剣だった。
普通に考えたら嘘だとしか思えないけど、私は特に疑いは持たなかった。
信じたところで、これと言った不都合がないからだ。