両手を失ったって、まだ足がある。
足を失ったって、まだ口がある。
たとえ首から上だけになっても、命ある限り、私は戦い抜く。
それが、先に散っていった友たちへの報いというものだ。