どんな願いでも叶うと言いつつ、願いの回数は増やせないのが普通だ。
でもその悪魔は、その手の願いを叶えることも可能だと言った。
ただしいくらでもではなく、もう一つだけ増やすという願いなら良いとのこと。
それが全く意味のないものだと気づくまでに、僕はしばらく時間を要した。