好きな人に振り向いてもらうために、私は何でもやった。
その人の障害となるものは、躊躇せず全て取り除いた。
ただ、私は気づいていなかった。
その人にとって一番の障害が、私だったなんて。