この里で生まれた者は、決して里から出てはいけなかった。
でも私は掟を破って、里を抜け出した。
本来なら絶対に赦されないことだが、私は何のお咎めも受けなかった。
最初からいないもの扱いされていた私が何をしようが、誰も気にしないのだ。