彼はいついかなる時でも、争うことを好まない。
どんな手を使ってでも、争いを避ける。
たとえ誰かと争うことになっても避けるのが、彼のポリシーだ。
何か矛盾を感じるが、あえて僕は気にしないことにしている。