彼は詩人でもないのに、いつでも詩を紡いでいる。
誰のために、何のために残すというわけでもない。
それでも彼は、詩うことを止められないのだ。
もしかしたら遠い昔に、届けたい人との別れがあったのかもしれない。