強くお願いされると、どうしても断ることができない。
そのせいで、今までどれだけの試作品の実験体になったことか。
いろいろなものを試せるという楽しさも、ないことはないけれど。
常にリスクを負っているから、嫌々という気分は拭えない。