何でも思い通りにいかないと気が済まない性格だった。
周りの全てが僕の決定に従う、そんな状況が大好きだった。
だからこの仕事を選んだ。
抗議を受けることもあるが、基本的には審判の判定は絶対なのだ。