悪銭やらあぶく銭は、すぐに使ってなくなってしまうとよく言われる。
悪いことをして金を得ている人は、得てして散財しがちということだ。
しかし、金をよく使うことは、経済を回していることも意味している。
だから案外、不正を働く人の世の中への貢献度は高いのかもしれない。