「今一番欲しいものは何?」
「それって何でも良いの?」
「うん、まあ……とりあえず言うだけ言ってみて」
「じゃあ……類稀なる才能」