自分の番が来たら、なりふり構わずに、全力で走る。
時には盗みを働きながら、前へと進む。
後続の犠牲も決して無駄にはしない。
そうやって初めて、我々は一点を得ることができるのだ。