最初はくだらないと思っていても、気がつけばお約束になっている。
不要だと思っていたものが、ないと物足りない存在になっている。
私もいつか、そんな存在になりたい。
たいした実力はないけど、いないとどこか物足りない、そう思われる存在に。