どんなことがあっても、彼は私の後ろを黙ってついて来てくれる。
そして私が間違った方向へ行きそうになると、髪を引いて止めてくれる。
彼のおかげで私は、人生の選択を誤ったことはない。
私のこの腰まで伸びた長い髪は、彼に引っ張ってもらうためにあるのだ。