離れ離れになるのは嫌だった。
だからギリギリまで一緒にいることを望んだ。
一つでも多くの思い出を残すために。
一秒でも長く思い出を作るのために。