白いキャンバスの上に、黒い影が差している。
赤い太陽が僕を上から照りつけている証拠だ。
そんなことはお構いなしに、僕は筆を動かす。
目の前に広がる青い海を、キャンバスに描くのだ。