「認めてもらえるまで、たとえ隕石が落ちてきても僕はここを動きません!」
その覚悟を確かめようと、師は彼の上に本当に隕石を落とした。
実際に彼は隕石が落ちても動かなかったが、師に認めてもらえることもなかった。
彼は無事だったが、師の方が無事ではなかったからだ。